PGP (Pretty Good Privacy)
(現製品名 Symantec Encryption Desktop)

2005年5月15日メールはこのアドレスへお願いします
2006年12月23日加筆
2013年8月21日加筆
2013年12月25日加筆

日本においては、PGPは企業向けの販売だけとなっています(2013年8月現在)。現在の開発元のシマンテック社から日本向けの直接販売は行われていないので、企業が購入するには株式会社NSDまたはサイバネットシステム株式会社に問い合わせる必要があります。ただしNSDに問い合わせたところでは、ソフト販売店を通せば個人での購入も可能だと言うことです。

しかしシマンテック社もPGPの名称を使わなくなりつつあり、将来的には PGP の名称は消えてしまうかもしれません。

評価版は個人でもダウンロードできます。PGP Desktop Corporate 評価版ダウンロードにアクセスして必要事項を記入してダウンロードしてください。

■ Symantec Encryption Desktop インストール画面

■ 初期設定画面

企業で使用する場合は購入を検討しても良いが、個人で暗号化機能などを利用する場合は TrueCrypt をお勧めします。


 Free PGP Desktop Trial Software をインストールした(ダウンロードするにはページ一番下の Accept をクリックして住所や名前などを入力すると送り返されてくるメールに書かれている URL にアクセスします)。30日間は全ての機能を使えるが,その後は基本的な機能(PGP Keys と PGP Zip)しか使えなくなる。しかし暗号化・復号化・デジタル署名などは使えるので初心者には十分だろう。

■ インストール画面

UNIQUE LABORATORY に戻る


2002年12月5日

 PGP 8.0 をインストールした。今回は事前に PGP 7.0.3 をアンインストールしたので問題なくインストール出来た。

■ インストール画面

UNIQUE LABORATORY に戻る


2002年10月12日

 PGP 8.0 Public Beta をインストールした。結果は見事に失敗した。再起動時にキーボードとマウスが利かなくなってしまい,Windows XP Professional SP1 を再インストールする羽目になってしまった。もちろんバックアップは取ってあったが,元に戻すのに丸一日かかってしまった。
 敗因は PGP 8.0 をインストールする途中で,既にインストールしていた PGP 7.0.3 を自動的にアンインストールする(Uninstall PGP 7.0.3 automatically)を選択してしまったことのようである。再インストールのときに確認したが,PGP 8.0 をインストールする前に PGP 7.0.3 を手動でアンインストールすれば大丈夫であった。

 PGP 8.0 Public Beta は使用期限付きなので,よっぽど新しい物好きの人でないとおすすめしない。

UNIQUE LABORATORY に戻る