トラブル2001年11月12日

2001年11月12日 メールはこのアドレスへお願いします

 少し前からパソコンの調子が悪い。2001年の11月上旬にインストールした「ウイルスバスター2002」もしくは「インターネット・ディスク2」が原因なのかも知れない。具体的に言うと
  1. Photoshop 5.5 で文字レイヤーに効果を加えようとするときのダイアログが異様に横長になってしまう上に,ボタン類が切れてしまう。

  2. ウイルスバスター2002,インターネットディスク,ノートンユーティリティーズなどのダイアログの文字が所定の大きさに収まり切れなくなり,文字が一部切れてしまう。
  3. すべてのヘルプファイルのポップアップウィンドウ(ヘルプファイルの文字をクリックしたときに開く小さなウィンドウ)が横長になってしまう。
  4. ダイアログの「合」という文字の前後で,勝手に改行されてしまう。

等の不具合がある。

 最近インストールしたソフトが原因であるのは間違いない。まずは「アドビ」「マイクロソフト」「ジャストシステム」「トレンドマイクロ」などの Web サイトに行き,検索してみる。しかし上記の様な障害情報は無い。そこで検索エンジン「Google」でも検索をしたが有用な情報は無い。まだ障害の発生から時間が経っていないので,インターネットで検索しても情報が無いようである。

 C:\Windows\system 内のファイルがおかしくなってしまったのだと思い,バックアップしておいたファイルを上書きして戻してみたりするが直らない。試行錯誤したがどうしても直らないのであきらめようかなと思っていたところ,「ウィンドウの最小化(_)・最大化(□)・閉じる(×)ボタンが別の文字に変わってしまう」という FAQ を本で見たことを思い出す。Windows は何かの拍子に「ウィンドウの最小化(_)・最大化(□)・閉じる(×)ボタンが別の文字に変わってしまう」ことがあるそうである。この場合の解決策は Windows を「Safe mode」で起動することであると書いてあった。

 そこでセーフモードで起動してみた。(Windows95 の場合はパソコンの電源を入れてすぐに[F8]を押しっぱなしにしておく,Windows98 の場合はパソコンの電源を入れてすぐに[Ctrl]を押しっぱなしにしておく)起動すれば何もせずに Windows を終了するだけで良い。今度は通常通りに Winodws を起動すると障害は解消されていた。

 Windows を使用していると ttfCache という隠しファイルがおかしくなって,文字表示がおかしくなる場合もあるという。この場合も「Safe mode」で起動するときに Windows が問題を解決してくれる。パソコンの調子がおかしくなったときは「Safe mode」で起動してみると問題が解決する場合があることを覚えておいたほうが良い。

UNIQUE LABORATORY に戻る